院内ブログ

「自力で歩く」が目標(パーキンソン病)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130904-1-09291真ん中で車椅子に座って微笑んでおられるのが、菊池久枝さん。後ろは同居しておられる娘さん。結構反抗的?なところもあるお母さんを、献身的に介護されています。

久枝さんはパーキンソン病。
神経難病の中では唯一、治療薬で症状をコントロールできる病気です。

今年の夏に調子を崩してから、立ったり歩いたり、1人ではできなくなってしまいました。私が薬を調整し、リハビリの先生が週3回は行って機能訓練をしてくださっています。この病気では、薬に頼りきりにならず、根気よくリハビリを続けていくことがとても大事です。

130904-2-09201往診は2週間に一度。この2週間どんな風だったか、お話を伺います。久枝さんはどちらかというと悲観的で、「調子悪い」と連発するのですが、娘さんに伺うとそうでもなかったりします。

 

130904-3-08571

 

関節の固さを調べています。この病気の方は関節に独特の抵抗感(固縮)が出るのですが、今日は軽度です。

 

pic18_0900足もそんなに固くありません。

 

 

 

130904-5-08951-300x200

寝ている状態から、自力で起き上がっていただきます。病気の症状で動作がゆっくりですが、自力で起き上がれました。悪くありません。

 

 

130904-6-09211-222x300次は立ち上がり。

姿勢が左後ろに傾く癖があり(病気の症状です)、ここは軽く背中を支えてあげないと、ひっくり返ってしまいます。

 

 

 

130904-7-09221-208x300

一度立ってしまえば、姿勢は安定しています。

 

 

 

 

 

130904-8-0812歩く時は、足がすくんで前に出にくい(すくみ足)ので、娘さんが手引きしてあげます。
そばで誰かが見守りながら、自力で歩ける状態に戻すことが目下の目標。現在奮闘中です。
(10月13日現在、後ろから

軽く手を添えれば、自力で歩けるところまで回復しました!)

130904-9-0881この病気の方は、「仮面様顔貌」といって、病気のため表情が乏しい方が多いとされていますが、実はみなさん、案外けっこう表情が豊かです。

久枝さんも、とてもかわいい笑顔です。(それにしても、主治医は笑いすぎ)

かわいくて頑固で、心配性で、一生懸命リハビリに取り組まれている久枝さん。
そのお人柄ゆえか、リハビリの先生達もとても熱心に関わってくれています。この場を借りて感謝。
皆に支えられながら、これからもがんばりましょう。

中野区 菊池久枝さん 〜撮影:2013年9月4日

関連記事

さくらクリニック 院長 佐藤 志津子
さくらクリニック 院長
佐藤 志津子
覚悟の瞬間 医療法人社団緑の森さくらクリニック 佐藤志津子

訪問対象地域

当クリニックのある中野区と杉並区です。

訪問エリアマップ

新宿区・渋谷区・世田谷区・練馬区・武蔵野市・三鷹市の一部も対象地域となりますが、状況により対応できない場合もございますので、ご相談時にご確認ください。