院内ブログ

自宅でできる検査 ②24時間血圧計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


血圧は1日中変動しますよね。
主治医が1週間や2週間に一度測っただけでは、全体像はわかりません。
ご本人やご家族が一日に何度も測るのも、結構大変。
「血圧を測る」ストレスで 測るたびに血圧が上がってしまう、という方もいらっしゃいます。😅

 


「夜間高血圧」や「早朝高血圧」
は、なかなか捉えられませんし、血圧の変動がとても大きい方は、降圧剤を慎重に使わないと低血圧を起こしてしまうこともあります。

ということで、24時間血圧計はとても便利です。
小さいでしょう?
隣にボールペン(長さ約14㎝)を置いてみました。
駆血帯を腕に巻き、機械をポケットに入れるか専用のベルトで体に固定します。起きている間は30分おき、寝ている間は1時間おきに勝手に血圧を測定してくれます。

役立つのは高血圧の方ばかりではありません。
神経難病で 自律神経障害が強く出ると、極端な低血圧をきたす場合があります。特に 立ち上がった時の急激な血圧低下(起立性低血圧)を起こすと、ふらついて転んでしまう危険があります。重症の方は失神してしまうことも。(代表的な病気は 多系統萎縮症
1日の血圧変動をみて、血圧をあげる薬を使うかどうか判断します。いろいろな事情があって薬を使えない場合は、「ゆっくりと立ち上がってください」、「お風呂のあとは、かなり血圧が下がりますね」などとアドバイスできます。

関連記事

さくらクリニック 院長 佐藤 志津子
さくらクリニック 院長
佐藤 志津子
覚悟の瞬間 医療法人社団緑の森さくらクリニック 佐藤志津子

訪問対象地域

当クリニックのある中野区と杉並区です。

訪問エリアマップ

新宿区・渋谷区・世田谷区・練馬区・武蔵野市・三鷹市の一部も対象地域となりますが、状況により対応できない場合もございますので、ご相談時にご確認ください。