スタッフの寄稿:役立つ情報(3編)

さくら通信に掲載したご利用者さんから、クリニックスタッフからの役立つ情報です。

グリップ[2010年12月さくら通信22号にて掲載]

グリップ手のひらを握ったままの方への拘縮予防と手のひらの衛生を保つために介護用品として市販していますが、デモが困難であったり大きさが合わないなど問題もありました。

そんな時に自分で作れる方法があります。タオルを角からクルクル丸めて輪にします。握る部分は握りやすい大きさに折り返し、布があれば握り部分に当てて周囲を糸で縫い付けると完成!丸洗いもできるので便利です。(情報提供:理学療法士 戸塚)

吸引チューブ付き歯ブラシ[2008年2月さくら通信13号にて掲載]

吸引チューブ付き歯ブラシ口腔ケアの際、誤嚥を防ぐための「吸引チューブ付き歯ブラシ」は介護用品として市販していますが、ちょっとお高く、消耗品であるため毎回買うのも何かと大変…。そんな時は自分で作ってしまいましょう!とのことで、宮崎様から投稿していただきました。

熱したキリで普通の歯ブラシに穴を開け、そこに吸引チューブを入れるだけ。これは簡単!便利!!(情報提供:杉並区 宮崎様)

ビーズクッション(床ずれ予防)[2007年10月さくら通信12号にて掲載]

ビーズクッション(床ずれ予防)いろいろ専門的な除圧具もありますが、これはホームセンターでも売っていて、入手しやすく、かつ比較的安価ですので、重宝しています。柔らかく肌触りも良いですし、これを使ってからは、かかとに床ずれはおきていません。(情報提供:杉並区 宮崎様)

さくらクリニック 院長 佐藤 志津子
さくらクリニック 院長
佐藤 志津子
覚悟の瞬間 医療法人社団緑の森さくらクリニック 佐藤志津子

訪問対象地域

当クリニックのある中野区と杉並区です。

訪問エリアマップ

新宿区・渋谷区・世田谷区・練馬区・武蔵野市・三鷹市の一部も対象地域となりますが、状況により対応できない場合もございますので、ご相談時にご確認ください。