闘病記

「 介護者こそ体調管理!お勧めしたいダイエット方法! 」  

脳性麻痺というハンデを抱え、肺炎、消化管出血、心肺停止など、幾度とない危機を乗り越え、在宅人工呼吸器、腸瘻からの経管栄養と、フル装備の状態で、平成19年6月、彼が35歳の時に私たちと出会いました。
言葉に尽くすことができないほどの苦労を重ねてこられたにもかかわらず、毎日本当に明るく、それを全く感じさせないパワフルなお母さまの姿に、主治医だけでなく、彼にかかわるすべての人が惹きつけられていたといっても過言ではありません。
今回はそのヒントになるお話を聞ける機会を得ました!
相談員濵中より

「 介護者こそ体調管理!お勧めしたいダイエット方法! 」  

 杉並区 小坂様

生後5か月に息子が脳性麻痺と診断された時はどう育てたらいいかと途方にくれていました。 私は、息子の介護、通所、入退院、に常に付き添い、自分自身の休息時間が持てず、世間とも遮断されていましたから

ストレスも大きくなり、体重の増加に悩まされついに腰痛が起こり、前に進むことが出来なくなりました。

でも倒れるわけにはいきません。体調を維持するために、友人に聞きながらダイエットを始めようと思いました。これがとても良かったのです。

「 豆腐ダイエット 」

朝食・昼食は普通の食事をする

夕食は、豆腐一丁(140g)・・・160カロリー

グレープフルーツ(半分)・・・40カロリー

ビール小(135ml)・・・40カロリー

以上を30日間続けて体重が5㎏減少。

その後60日間は、朝食・昼食は普通の食事をする。

夕食はおかずだけ。サラダ類はマヨネーズドレッシング無し。以上を続けて体重が10㎏減少!

 

その後長年にわたり、朝昼食は普通に、夕食は穀物類を少なめに、体重は45㎏~47㎏を保っています。

ダイエットを始めた時は1週間で飽きてしまいそうになりましたが、目標を持っていたので頑張れました。

 

更にストレス解消と体力筋力をつける為に水泳教室に通って、腰痛も完治し健康を維持してきました。目標を 持って通われる方が多く、いろんな出会いがありました。今では水泳は4種目で1キロ泳げるように!こうして続けて来られたのは永年にわたり介護を手伝ってもらえる親友がいてくれたおかげもあります。

自分の時間が持てる事により、気持ちの切り替えが出来、前に進むパワーが得られました。そして誰とでも共通な話題が持てる趣味として、従来のやり方とはひと味違う、素材の風味を生かし個々の野菜の味が楽しめる糠漬けを作り始めました。糠は生き物なので、毎日手をかけて育てるもの、子育てと同じですね。

作る事が楽しいだけでなく、好評で輪も広がり、ぬか友も出来ました。皆さんにお伝えしたい事は、介護だけでなく自分の好きな事があると、体も心も元気なるという事、そして他人に任せられる関係作り、そのためにも相手に思いやりの気持ちを持つ事がとても大事だという事です!

息子は40数年で生涯を終える事になりました。精一杯頑張って生きてきましたので、悔いはないと思います。10年余り入院もなく在宅で過ごせた事は院長先生、斉藤先生諸先生皆様のお力添えに感謝の気持ちでいっぱいです。

介護が長期になってくると介護者側の健康もしっかり考えていかないとやっていけません。これを読んでいただき1人でも元気になってくださったら幸いです。

 

※さくらクリニックホームページに 糠漬けのレシピ を掲載しています。
ぜひ、ご覧ください(^^♪

Print Friendly, PDF & Email