セミナー・勉強会・懇親会

多職種交流会

お久しぶりです、事務長の鈴鹿です。
今日のブログでは、先週の金曜日(15日)に開催された「多職種交流会」の様子を、簡単ですがレポートさせていただきます。

まずは主催(共催)の小原病院・大石先生と、

さくらクリニック・佐藤院長の挨拶からスタート!

続いて、さくらクリニック・山崎副院長の乾杯の挨拶。ビールが美味い🍻🍻🍻

この「他職種交流会」は第2回でして、今回は中野区北部の事業所の方々にお集まりいただきました。
(前回は中野区南部の事業所の方々の会でした)

「会の目的は?」「どうして始まったのか?」という質問も多かったので、この場を借りて非公式回答をさせていただきますと、小原病院さんとさくらクリニックで毎月開催している在支病&在支診のカンファレンスの中で、「普段の医療サービス以外に、我々がもっと何か地域に貢献できることはないだろうか?」というテーマで話し合った結果、「顔の見える関係作りのお手伝いをしよう」という話になりました。そこから色々と考えて最終的に「皆さんに集まってもらって、美味しいものを食べながら気軽に話ができる場を提供しよう」というアイデアに落ち着き、この「多職種交流会」が誕生しました。

そういう意味では、こんな風にあちこちで話し合いの輪が生まれ、

今回も気軽に話ができる場を提供できたのではないかと感慨にふけっていると、小原病院・服部先生からの締めのお言葉でお開きとなりました。

ちなみに冒頭の写真は、幹事として大活躍の小原病院・岩崎さんのナイススマイルです。
最後に、前回に続きご尽力いただいた東電さわやかケア中野・関根所長には感謝感謝です。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

第3回でもお会いしたいと思います!

Print Friendly, PDF & Email