訪問診療内容

訪問診療とは

医師の診療を定期的に受ける必要があるが、「通院が難しい」という方のご自宅に伺い、診察や治療を行います。

 

往診と訪問診療の違い

往診との違いは何ですか?」という質問をよく受けます。

「往診」とは、通院できない患者さんの要請を受けて、医師がその都度診療に伺うことです。例えば、急に熱が出たが受診するのは難しい、でも救急車を呼ぶほどでもない、といった場合に、普段からお世話になっているホームドクターにお願いして診察に来てもらう、といった場合です。「往診」は基本的に困ったときの臨時の手段です。

これに対して、「訪問診療」は計画的な診療です。長期にわたり在宅診療を受けたい、という患者さんのご自宅に、訪問スケジュールをたてて計画的に診療に伺います。

 

他機関との連携

患者さんからご相談を受けた時点で、病名、これまでの病歴、現在の病気の状態などを詳しく伺い、関係医療機関などから情報の申し送りを受けます。
また、ご自宅でどのような治療を受けたいのか、ご家族の介護力や経済的な事情などの個々の事情を伺った上で訪問の予定を組んでいきます。この診療計画をもとに、急変時には臨時往診に伺ったり、入院の手配をしたり、と状況に合わせ臨機応変に対応します。

介護保険をご利用の場合は、適切な介護プランがたてられるよう、ケアマネジャーの方々と情報交換を行うのも私たちの仕事です。

 

第一のかかりつけ医として

さくらクリニックの訪問診療は、ご自宅で療養される患者さんの「第一のかかりつけ医」として、
定期的に
他機関と連携し
24時間体制で
在宅療養をサポートします。

Print Friendly, PDF & Email