Home院内ブログ > バイパップ(BIBAP)体験 ~感想~

バイパップ(BIBAP)体験 ~感想~

バイパップ(BIBAP)体験 ~感想~



 

皆様こんにちは。
相談員の鈴木です。

今回は、6月14日にフィリップスジャパン長瀧様を講師としてお迎えし開催した、バイパップ勉強会の様子をご覧頂こうかと思います。

当院から、私鈴木とクラーク高橋さんがBIBAP装着体験をしました!

看護師の高柳さんに装着をお願いし、いざ実践・・・!

二人とも、とても苦しい顔をしていますね(笑)
普段、BIBAPを患者様にお届けするために調整することはあっても装着することはありませんでしたので、今回の体験は非常に貴重なものでした!

「慣れるまでは違和感がある」
「苦しい」
今まではこの言葉を聞いてもピンとこなかったのですが、実際に体験するとこの言葉通りでした。
自分の呼吸とは関係なく酸素が送り込まれてきて、まるで何かに呼吸を妨害されているような・・・そんな感覚に陥りました。

「常に息苦しい」「そんなに酸素を入れないで!」
こんな感覚なのです。
また、マスクを固定するテープもきっちり締めないと空気が漏れてしまい、正しく使用ができません。
(高柳看護師も装着に手こずっていました・・・💦)
そしてこのテープがきつく、とても苦しいのです。
うまく自分の顔にフィットするときっと楽になるのかな・・・と思いながら装着をしていました。
(今回は鼻口マスクのみの体験でしたので、次回機会があれば鼻マスクも体験してみたいと思っています✊)

今回の体験を通して、呼吸器がより身近に感じられるようになりました。
呼吸器と名前は知っていても、実際にどういう働きをして、どういう使用感なのかは分からなかったので、身をもって体験できたことは私にとって貴重な経験となりました。
今後は、患者様・ご家族にBIBAPを提案する際に体験した身としてのお話ができるように更なる知識を身につけたいと思います!!!

最後に・・・
佐藤院長と長瀧様が合同で皆様にレクチャーしている様子もご覧ください🎵

 






Copyright © さくらクリニック 練馬 All Rights Reserved.